何が「土人」と言わしめたのか
沖縄ヘリパッド:松井知事「暴言隊員」擁護「売り言葉に」

米軍北部訓練場(沖縄県)のヘリ離着陸帯移設工事現場に派遣された大阪府警の機動隊員が抗議の市民らに「土人」などの差別的な発言をした問題で、大阪府の松井一郎知事は20日、「発言は不適切だが、個人を徹底的にたたくのは違うのではないか。相手もむちゃくちゃ言っているのに、すべて許されるのか」と述べた。府庁で記者団の質問に答えた。
松井氏は機動隊員について、「人間ができていないのだろうが、『売り言葉に買い言葉』で口がすべったのではないか」と擁護。「沖縄に圧倒的な基地負担をしてもらっているのは申し訳ないが、全国の警官が無用な衝突を防ぐため一生懸命働いているのは事実」と強調した。
 松井氏は19日夜、自身のツイッターで「出張ご苦労様」と機動隊員をねぎらう言葉を投稿。府庁には、書き込みを見た府民や他県の住民から「あぜんとした」「センスがいただけない」といった批判の意見が電話やメールで届いているという。【青木純】


どんな文脈であろうが「土人」発言はひどいんだけど、でもどういう文脈で「土人」と言ったのかは少しは考えるべきで、この場合の松井知事の発言には半分賛成。売り言葉に買い言葉はあったかもしれないわけで。

しかし重要なのは、何が現場で言われたかではなくて、日本の安全保障を長年沖縄に押し付けてきた我々本土の人間の無責任な無意識をこそ考えることなのではないか。それに対する、むしろもう限界だという沖縄の人の悲鳴が機動隊に反射して「土人」発言に至ったのではないかという気がしてならない。

我々本土の人間の無責任な無意識を大阪府警の機動隊の発言に責任転嫁しているような気もする。我々はなにも悪くないんだと言わんばかりだ。悪いのは政府であり、政府に雇われた機動隊だと。日本人の無責任さがここでも露呈している。

こういったことは松井知事は絶対に言わないけどね。こんな鈍感野郎が気がつくわけもないし。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック