スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
民族の自立とは
ロイター 特別リポート:ドゥテルテ氏、虚偽の数字で「麻薬戦争」先導か

麻薬犯罪者だからといって、もちろん安易に殺していいわけはない。しかも数字を捏造してまで、自分たちのやることを正当化する。これは我々西側の倫理からは大きく外れる。だからこのフィリピン大統領を我々は厳しく非難すべきだろう。
だが、どうだろう。麻薬が確実に社会を蝕んでいくこの後進国にとって、麻薬がさほど社会を蝕まない我々先進国の倫理がどれぐらい意味があるのだろうか。
その国にはその国の事情が必ずある。かつてイラクを厳しく非難して、非難したあげく軍事介入して失敗した教訓を忘れてはいけないと思うのだ。
だからフィリピン大統領を大いに非難はすべきだが、内政干渉してはいけないだろう。彼らには彼らのやり方で今の苦境を脱してもらうしかないのだ。欧米の手取り足とりで脱しても、それは何ら経験にはならない。むしろ国体は弱くなるのではないか。

かつて日本は欧米の近代社会をそのままコピーして近代化を成し遂げた。だが、たとえばフランスのように、自力で封建社会をひっくり返したわけではない。お上の首が徳川幕府から明治政府にすげ替えられただけだ。相変わらず、民衆はお上の下にいるので、社会が行き詰まったらお上のせいにしてしまう。例えば日中戦争。始めた時はやんやの喝采だったが、負けると途端に政府や軍部のせいにして、責任の所在から逃げてしまう。ドイツはちゃんとナチスの戦争犯罪を一般市民が認識しているというのに、この違いはなんだろう。
日本はいまだに欧米の手取り足取りで発展し、そしてそれゆえ衰退していくのかもしれない。

例えばアジアではベトナム。まだ発展途上だが、フランスやアメリカの言いなりにも中国の言いなりにもならずどこの世話にもならずに、今飛躍的に発展しようとしている。ベトナムはこれから打たれ強い立派な国になる予感がする。
フィリピンはベトナムとはもちろん違うし、これ以上の人道上の圧政があれば介入も考えないわけにはいかないだろう。でもそれまではその民族の自立をじっと見守っていくしかないと思う。日本やイラクの二の舞にならないように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。