スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
南スーダン
ハフィントンポスト:2017年に世界がもっと関心を持つべき、3つの人道危機

ハフポスが挙げる「2017年に世界がもっと関心を持つべき、3つの人道危機」地域に南スーダンが挙がっている。
つまり「暴力が女性や子供たちに深刻な影響を与えている」わけだ。女性はレイプされ、子供達は深刻な食糧不足と命の危機に直面している。
そんな中、日本の自衛隊が援助隊員として派遣されているわけだが、これはもう至難の仕事だろう。彼らの仕事から、日本の大変さと世界の大変さは全く次元が違うのだということをメディアを通じて我々日本人は知ることとなるはずなのだが、あまりそういうことは報じられずに、日本の戦争参加を非難するリベラル側の報道が多い。つまり現地の人の人道危機はあまり報じられずに、日本人の若者が命を落とすかもしれないという危機ばかりクローズアップされる。
これはまさに、第二次世界大戦で、日本の兵隊の大変さばかり取り上げて、中国やアジアの戦争被害者を忘れてしまっている構図とそっくりだ。
日本人は保守だけでなく、リベラルまでも日本人の命にしか興味がないのだろうか。この閉鎖的なナショナリズムには辟易するしかない。日本人全体が偏狭なナショナリストだ。
日本人は外国人の命はどうでもいいのだろうか。もし日本の自衛隊が派遣されなければ、代わりに欧米のどこかの国の若者が派遣されるに違いない。それはいいのだろうか。それは文句言わずに日本人が派遣された時だけ文句を言うという。僕はこの感覚が未だに理解できない。これを言うと、おまえが行ってこいよ、と言われる。僕のようなへろへろの年寄りが行ってなんの役に立つというのか。年寄りは安全保障に何も言う権利がないというのだろうか。それこそ議論させないための卑怯な言い方じゃないかと思うのだ。

世界の安全保障は世界中の人が一致団結して行わなければ成立しない。日本にとってその端緒となるのが南スーダンなのだと僕は思っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。