FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
野口裕句集『のほほんと』
やっと野口裕さんの句集『のほほんと』が届いた。
僕が帯の10句選をしていたのでずっと気になってはいたのだけど、それをしていたのが去年の夏だったものだからほぼ忘れていた。
その10句選、1年半ぶりに読んで、なぜ選んだのか最初全く思いだせず、これでよかったのか少し不安になったが、予備選の30句ほどをPCで見て、ようやく思い出した。これでよかったのだと、今では確信している。
野口裕さんは高校の物理の教師、帯の解説を書いている北村虻曳さんは数学者。そして僕は電気工学科卒と理系で固めたつもりなのだろうか。他のお二人はバリバリに理系の仕事されているが、僕は大学を出ただけである。実家の印刷関係の事業を継いだだけだ。だから理系で固めたとなると面映ゆい。
野口裕さんは俳句、短歌、詩となんでもござれの器用な人だ。sora歌会のメンバーでもある。北村さんもsora歌会。3人とも俳句と短歌を両方やるというのも共通点か。でもそれも僕だけが俳句は過去形なので、これもやっぱり面映ゆい。

僕は今、俳句の世界に明るくはないが、この句集は大変佳い句集だと思っている。俳壇の内外で批評が盛り上がることを願っている。句集批評会というのがあれば行きたいですね。

表紙絵は野口さんの御子息の野口毅氏。これが素晴らしい。句集の内容とものすごくマッチしている。

その10句を紹介する。4句目の〈まくなぎ〉は顔に纏わりついてくる羽虫の群のことで夏の季語。8句目の〈ずつないわ〉は兵庫の方言で、食べ過ぎておなかが苦しい、という意味。

野口裕句集『のほほんと』より十句選
重機また人の末裔黄砂降る
鳥帰る何かの予行だとしても
顔文字のω見つめる冬籠
擦れ違うダンプまくなぎ連れ去りぬ
街とても風は季を呼ぶ花水木
自転車にもたれてどてら鳩にパン
子は母の髑髏に残る百合根噛む
ずつないわ冷や素麺を食いすぎた
雀蜂金気水舐め翔ちたゆたう
さえずりのひとつとなりぬ人の声

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。