攻殻機動隊
アニメは子供の時見て以来、ほとんど見てはいなかった。大人になってから見たのは、せいぜい宮崎駿の「ナウシカ」や「トトロ」ぐらいだ。それが、NHK特集、立花隆の「最前線報告・サイボーグ技術が人類を変える」(参照)を見て変わった。ここでは実際に義手の人工神経と生きた脳神経を肩の接続部でつないで、自分の意思で義手の指を動かし、ぎこちないながらもビールを注ぐことがもうできていた。また義眼にカメラがついていて、そこからの視覚情報を脳の後部の視覚野につなぐことにより、全盲の人がおぼろげながらも目の前に何があるか、ある程度はわかるようになっていた。ようするにサイボーグ技術がもう本格化しているのだ。知らなかったのでこれは大変な驚愕だった。また自ら被検体となり、腕の神経を外部に露出さしてコンピューターとつなぎ、自分の意思でコンピューターを操ることにある程度成功している学者がいた。これは自分の脳とコンピューターを直結させるのである。立花隆も簡単な手術を受けこれを実際に試していた。その経験を彼は「言葉にならない」と何度も言って大変驚いていた。そりゃそうだろう。自分の意識がコンピューターと直結するのである。想像を絶する。そんな人間が今まで経験してこなかった世界に言葉などあるはずがない。言葉というものは、人間が経験を積み重ねた上にはじめて生じてくるものだ。このことが言語学の範疇なのかどうかは知らないが、意外にこんな博識な人にも知らないことはあるのだ、となんだか不思議にホッとしていた。立花隆とて人間なのである。神様でも化け物でもない。

この番組でその立花隆が押井守にインタビューしていたのだ。押井の出世作、映画版『攻殻機動隊』のことと関連して、サイボーグ技術の将来を聞いていた。前から押井の名前は聞いていたのだが、なにしろアニメクリエイターである。こちらは40歳をとうに越え、今さらアニメなんか見れるか、というところがあったので、避けていたのだが、これは見なきゃいけないと思いDVDを借りてきて早速見たのだ。正直嵌まった。確かに物語はきわめてフィジカルである。情緒的なところがほとんどない。ましてや文学性などまるきりないだろう。物語に奥深さがない。しかしその電脳を持つサイボーグが当たり前の近未来社会、そこでは人々は脳みそを電脳化し、自分の脳みそから自分の意思で無線を介してネットに直接アクセスする。ネットにもぐれるのだ。身体は義手義足はおろか全身を義体化したサイボーグもいて、つまり不死身である。死なないから、人口問題はどうなるのだ、という疑問はあるが、ここではそれには触れていない。でもある程度目をつぶれば、このアニメからはかなりのリアリティを感じることができると思う。
まさに立花隆が報告し予言していた近未来社会である。立花隆の番組を予め見ていたからすんなりと嵌まったのかな、とも思ったが。
しかしもちろんキャラクターもなかなかである。この攻殻機動隊の隊長で少佐と呼ばれる草薙素子という全身義体化、電脳化というスーパーウーマンはアニメとはいえ、天晴れだ。そしておそらくターミネイターのシュワルツネッガーをモデルにしたであろう義眼の巨漢バトゥ。そして彼らツワモノどもを取り仕切る稀代の切れ者で、この攻殻機動隊の本当の名前である公安9課の課長、荒巻などなど。
それとストーリーがかなり凝っていて、ストーリーにのめり込んでしまう。アメリカでは大変に高い評価を受けたらしい。大ヒット映画『マトリックス』はこのアニメに多大な影響を受けて作られたのはあまりにも有名。

また続編の『イノセンス』では、少佐とバトゥが究極の純愛を見せてくれる。これも見ものだ。
今日は話がとりとめないが、この『イノセンス』で押井守が引用を多用していた。映画を見ながらではほとんどわからなかったが、後でテキスト(参照)で見て納得がいった。わりと面白いので、その引用をここにいくつか引用してみようと思う。

・春の日やあの世この世と馬車を駆り(中村苑子)
・理解なんてものは概ね願望に基づくものだ(出典:不明)
・シーザーを理解するためにシーザーである必要はない(マックス・ウェーバー「理解社会学のカテゴリー」解釈学)
・人はおおむね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。(ロマン・ロラン「ジャン・クリストフ」)
・孤独に歩め…悪をなさず 求めるところは少なく…林の中の象のように(仏陀『ブッダの感興のことば』第十四章「憎しみ」)
・個体が造りあげたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型である。(リチャード・ドーキンス「延長された表現型―自然淘汰の単位としての遺伝子」)
・その思念の数はいかに多きかな。我これを数えんとすれどもその数は沙よりも多し。(旧約聖書『詩編』139節)
・鳥の血に悲しめど、魚の血に悲しまず。声あるものは幸いなり。(斎藤緑雨)

セリフが延々引用だったりする。聞くだけではわからないことが多い。だから言うわけじゃないが、引用を多用したからと言って物語に奥行きがでるわけではない。せいぜい扁平な物語の一番上の皮が厚くなるだけに過ぎないだろう。言葉を機能させたいなら絶対に自分の言葉だけでやるべきだ。しかし全般にこれら引用に限らず言葉を機能させようという並々ならぬ意欲がうかがえる。その意味でも大変面白いアニメだ。こういうところも『マトリックス』に影響を与えたのだろう。
あと中に特に面白い引用があって、中村苑子の俳句があるのは、俳句をそれも前衛俳句をやっていたものにとっては驚くやら嬉しいやらだが、なんといっても唸ったのは、

理解なんてものは概ね願望に基づくものだ

である。確かにそうだもんね。これはいったい誰が言ったのだろう。気になるところである。これこそ押井自身なのかな。

今日は本当にとりとめがありませんでした。あとTV版『攻殻機動隊』のことも言いたかったのですが、もっととりとめがなくなるので次回にします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック