差別用語について少し
以前から差別用語に関して気にはなっていたのだが、つまりなんであれは使えてこれは使えないんだろう、という具合に。それで『きっこのブログ』を読んだら、差別用語について結構考証していた(参照)。でも結構的外れなことも書いていた。それでちょっと突っ込みたくなったのだ。それで少しだが差別用語について考えてみた。

『きっこのブログ』では「アイノコ」という言い方がなぜ差別用語で放送コードに引っかかり、「ハーフ」なら良いのかわからない、と吼えていた。こういう疑問は確かに僕にもあり誰にもあるが、この場合の答えは簡単である。「アイノコ」という言葉はそれが使われていた当時、はっきり差別用語として使われていたから、「アイノコ」という言葉は差別的な雰囲気を纏ってしまっているのだ。そして今この言葉を使う人はまずいないので、差別的な雰囲気を纏った言葉としてのみ生き残っている。だから逆にこれは極めてわかりやすい差別用語なのだ。きっこという人は若い人なので、きっとこの言葉が纏っている差別的雰囲気がピンと来ないのだろうと思われる。それに対して「ハーフ」という言葉は差別的に使われたことがないので、差別用語にはならないだけである。それだけのことだ。

こういったはっきりとした差別用語ならわかりやすいのだが、困るのはたとえば「支那」である。学術用語的に言って中国のことを「支那」と呼ばないことはないだろう、と思うし、実際に中国のもう一つの名前だ。だが戦時中あるいは終戦直後は明らかに中国に対する蔑称であった。どうも今もそれを引きずっていて、ましてや昨今の反日ナショナリズムに対して、「支那」と呼ぶのはかなりまずい。このように言葉というものはそれが使われていた時代の雰囲気を嫌でも纏うのである。でも中国と言い換えれば済むので、まぁ困らない。逆に言い換えずに「支那」と読んでいる人は明らかに蔑称として使っているのは間違いない。石原慎太郎が以前このことをに言及していて、「支那」と呼びたがっていたが、明らかに蔑称として使いたいのだ。なぜなら、きっこの言うとおり、その言葉を言われた方が差別だと感じるのが明らかな場合、その言葉は差別用語になる。「支那」や「支那人」と呼ばれて差別を感じる在日中国人はたくさんいるのは間違いないだろうからだ。

とにかく「支那」の場合は言い換えればいいので問題は全くない。本当に困るのは「朝鮮」という言葉である。この言葉も「支那」と同じように戦時中戦後にかけて、明らかな差別用語として使われてきた。だからどうしてもその雰囲気を纏って現代に来ている。しかし「支那」と違って言い換えが非常に難しい。ぼくもはっきりリベラルな文学屋が集まっている集いなら逆にあえて「朝鮮」あるいは「朝鮮人」と使わなくはない。おそらく真意が通じるだろうと思うからだが、それ以外では間違いなく禁句だろう。はっきり差別用語になってしまう。ならどうすればよいか。一応方法はある。その民族を指す場合「朝鮮民族」と言い換えればいいかな、と思うのだが、かなり苦しい。通じるときもあれば通じないときもある。その地域を指す場合はとりあえず南北に分かれているので、南を指すときは「韓国」と言えば済む。しかし朝鮮全体を指す言葉としては困る。なぜなら「朝鮮」という言葉は歴史もあり、極めて客観的にその地域を指す言葉に他ならないからだ。完全な学術用語でもある。つまり言い換えられても言い換えたくない衝動がある。しかし言い換えなければならない。ここで苦し紛れにみんなが使うのはやはり「コレア」だろう。それがどうも今風なのだ。きっこは「ハーフ」と英語ならいいのか、と安易な風潮を凶弾していた。僕もそれは思うが、時代には逆らえない。ひょっとしたら韓国や中国では「日本」と言えば差別的で「ジャパン」と言えばかっこいいのかもしれないし。

とにかく英語は最近になって使われだしたので、まず昔のような差別的雰囲気は纏ってないわけで、便利な言語なのだと思うより他にない、今日この頃なのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック