8月15日の靖国問題
予想は裏切られなかった。昨日8月15日、小泉首相は靖国参拝を強行した。
この靖国問題に関しては過去何度も書いているが(参照)(参照)(参照)、なかなか終わらない。きっとこれからも書くのだろう。
先に断っておかなければならないのは、中国や韓国に反対されたから首相の靖国参拝を反対するわけではない。靖国はあくまで国内問題である。

まず昨日の小泉首相の返答から。
「いつ行っても批判されるので、いつ行っても同じなわけで、今日が適切な日だと判断した。」
全く子供じみた居直り以外の何者でもない。いつ行っても批判されるのなら、そしてどうしても行きたいのなら、最も批判の少ない日に行くべきだろう。それが大人の選択というものだ。

「公約を果たしたまでだ。」
公約は結構だが、どうしても行きたいのなら、参拝して良いという環境作りをしてから参拝するべきだろう。そもそもその環境作りが公約ではなかったのか。

「個人の信教の自由は絶対侵されてはならない。」
二つの意味でこれはおかしい。一つは、一国の首相に一個人と同じ自由があるわけではない。なぜなら皇室の人間に言論の自由がないように、周囲に多大な影響を与える人の自由はある程度制限されても仕方がないのだ。
もう一つは、信教の自由はあるとしても、一国の首相のみならず公人には布教の自由はないのである。このたびの参拝は充分に靖国神社の布教にあたる。

「神道の奨励にはあたらない。」
今回新たに加わったが、布教の自由について誰かに言われたのだろう。今回の参拝は確かに神道の奨励にはあたらない。靖国神社の奨励である。靖国と神道は違う。靖国は古くから続く神道に明治政府が便乗しただけである。靖国は神道に便乗した新興宗教にすぎず、今回の参拝はその布教に充分寄与したことになる。そしてまた一宗教の利益にも寄与する。

あとはA級戦犯の問題だが、最近どうも極東軍事裁判などを否定したり、あの戦争は自存自衛の為だった、とかいう論調がまかり通るので気になる。

なぜあの戦争が起こったのかもう一度考えよう。
確かに経済的な困窮など自衛の要素はあっただろう。だがなにより、日清日露と負け知らずで来ていて、世論自体が行け行けどんどん、という風潮になっていたのは間違いない。要するに不敗神話なるものが形成されていたのだ。そこに軍部が付けこんであの戦争が起こった、と解釈すべきだろう。これはバブル経済に似ている。当時、土地は絶対に下がらない、という土地神話が形成されていて、そこに不動産屋が付けこんでさらにバブルが過熱し、大きなことになったのだ。だからあのバブル経済は我々一般大衆が起こしたのである。そして崩壊するべくして崩壊した。
戦前も日清日露と負け知らずで、満州も収め、この世に敵は無し、という状況で、まさに戦争バブルが形成されていた。この戦争バブルを形成したのは我々一般大衆だ。そこに軍部に付けこまれるべくして付けこまれ、日米開戦となったのである。だからあの戦争の責任を一部の軍部のせいにして一般の人々は単に巻き込まれたのだ、という人が多いが、一般の人が起こしたのも同然だろう。軍部が世間を焚きつけたのではない。一般世論が軍部を焚きつけたのだ。我々は絶対に負けないと信じていたのは軍部ではなく、我々一般大衆のほうである。そして戦争バブルははじけるべくして一挙にはじけた。それが61年前の8月15日なのだ。だからあの戦争を一部の軍部のせいにして終わっているのは極めて卑怯なことになる。何度も言う。あの戦争は我々が起こしたのである。そう思うことでしか真の反省はありえないだろう。

それから翌年、極東軍事裁判が行われ、そこでA級戦犯などが判決を下されたのだが、彼ら戦犯は我々の身代わりだったのである。だから靖国神社が戦犯を合祀するのは理にかなっているのだ。僕個人は賛成である。靖国とはそういう神社なのだから。それこそ信教の自由であり、反対するほうがおかしい。問題はそこへ一国の首相が参拝することにある。
あれだけの戦争を起こしておいて何も謝罪が無しでは絶対に済まされない。ちょうどあの裁判で我々の身代わりを立て裁いてくれて、「さぁ日本の皆さん、これで戦争は終わり。彼らA級B級C級戦犯は貴方がたの身代わりです。そのことを肝に銘じて二度と戦争を起こしては行けませんよ。さぁ明日からは思う存分働いてください。」ということで終わらせてくれたのである。つまりA級B級C級戦犯は象徴である。象徴をたてることにより謝罪の替わりにもなったのである。そして彼ら戦犯はあの戦争のシンボルであるはずだ。つまり言い方を替えれば平和のためのアンチシンボルだろう。その平和のためのアンチシンボルが祀ってある神社に日本の政治の象徴でもある首相が参拝するのはどう考えてもおかしい。誰がどう考えてもあの戦争を反省しているとは思えないのである。日本の政治の象徴でもある首相が参拝することは、我々日本人があの戦争を反省していないと取られても仕方ないのだろう。

8月15日は我々日本人が粛々と不戦を誓う神聖な日である。だが今年の8月15日はその神聖な日が汚された日となってしまった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメント&トラックバックありがとうございます。興味深く読ませて頂きました。私は戦争は「経済活動」だと思っています。ですから、先の戦争は「日露戦争での借金補填」と考えています。良ければ折々私のブログで書きますので、またお越しください。
2006/08/16(水) 18:26:03 | URL | woodstock69pm #-[ 編集]
靖国
>靖国はあくまで国内問題である

これには異論があります。

というのは靖国には墓はないですが、韓国や台湾の人(戦時は日本に併合されていた)も英霊としてまつられているからです。ときには生きているのに死んだものと誤認されてまつられています。

いまひとつ、単なる国内問題ではないと思うのは、靖国神社には第二次大戦の戦死者がまつられているという点を考えると、その戦争相手国との関係性を考慮しないわけにはいかないかと思います。現在も対中・対韓国・対米関係は存在するわけですから。国家間の因果律も無視はできないかと思います。ひとこと。
2006/08/17(木) 00:03:02 | URL | ontology #-[ 編集]
国内問題
woodstock69pmさん、コメントをありがとうございます。
あらゆる戦争はまず経済活動だとは思いますが、それ以外にも様々な状況のもと行われるのではないでしょうか。

Ontologyさん、まさかこんなところでお会いできるとは、ありがとうございます。
僕の書き方に問題があったようです。〈あくまで国内問題〉ではなく〈まず国内問題〉と書くべきでした。正確に言うと〈あくまでまず国内問題〉でしょうか。
僕が言いたかったのは、近隣諸国に反対されたからではなく国内問題としてまず片付けないといけない、ということなのです。谷垣など反参拝派は必ず、日中関係を考慮して考えないといけない、とか言いますし。それじゃ説得力がないのです。だからそれに対して〈国内問題〉と言ったのです。

韓国や台湾の人が英霊として祀ってあることは非常に問題だとぼくも思います。しかし無視するのも方法かな、とも思いますが。「そっちが先祖の魂を祀ろうが、そっちが勝手に言ってるだけだ。こっちはこっちでちゃんと祀ってある。」と言えばいいのです。相手にするから靖国の方も付け上がるわけです。しょせん宗教ですし、宗教は自由なのですから。
2006/08/17(木) 13:23:18 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
国民の中には昨日の小泉の糞パフォーマンスに喝采を与えている人もいたみたいだけど、所詮は一時の気の迷いだろう。大勢は変わらないだろう。小泉参拝によって靖国神社は今後ますます苦境に立たされるだろう。ざまーみろだ。靖国反応、米政府「今後の首相が自ら決断を」 (朝
2006/08/16(水) 19:02:40 | 三四郎日記
ほとんどの人が実行してしまうだろうと予測した、終戦記念日の小泉首相の靖国神社参拝。朝からテレビはこの報道一色。首相の靖国参拝は01年の就任以来6年連続で、終戦記念日は初。85年の中曽根康弘首相以来21年ぶり。首相は01年自民党総裁選の公約であることを参拝
2006/08/16(水) 19:53:25 | ひとりの独り言
 朝早くモーニング姿で最後っ屁  国民への公約は平気で反古にするが遺族会への公約は頑として守る。それ
2006/08/16(水) 23:04:24 | ねじれ川柳惑星
 朝、書いた通りだが、小泉首相が靖国神社に参拝したとの事。日程の都合とかもあって、早朝参拝となったのは、ある程度予測が付いたものかもしれない。また、参拝方法については、これまでと特に変わった事はなく「署名は官職
2006/08/17(木) 20:41:44 | Re:F's blogroom
 「小泉首相は静かに去るべきである。小泉首相の役割はもう終わったのだ。」と森田実さんが書かれています。8月14日の森田実の言わねばならぬ[274]に、8月15日は全国民が平和を祈り、平和を誓う日である。小泉首相の靖国参拝は、8月15日の全国民の静かな祈りを邪魔
2006/08/28(月) 08:24:12 | とくらBlog