スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
子猫殺しと子種殺し
今話題になっている、作家の坂東眞砂子の「子猫殺し」(日経新聞)。別に興味はなかったのだが、極めてわかりやすいと思ったので書くことにした。

確かに大方の非難にあるとおり、この作家の言うことははっきり破綻している。

飼い猫に避妊手術を施すことは、(中略)生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。


子種を殺すこととできた子を殺すことは絶対に同じことではない。なぜなら子種は生命ではないが、できた子ははっきり生命だからだ。これはわかりやすい批判だ。

しかしこの話には奥がある。

愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。人は神ではない。他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。どこかで矛盾や不合理が生じてくる。


つまり坂東眞砂子は、子種を殺すことはできた子を殺すことと同じぐらい悪いことだ、と言いたいのである。

言い方を変えよう。
人が勝手に自分が飼っている愛玩動物を全く自分の都合で去勢することのおぞましさは、去勢せずにできた子を殺すことと同じぐらいおぞましいことなのだ、と。これを彼女は言いたかったのだろう。本来は極めてわかりやすい話なのだ。彼女の言い方が舌ったらずだったために話が複雑になっているとも思えるが、もう一回言い方を変える。
A=子猫殺し、B=子種殺し、として、
AはBと同等ではないが、BはAと同等なのである。だがこの作家はAもBと同等だと勘違いしてしまったのだ。そして実際に行動に移してしまった。言動だけでなく行動まで舌ったらずだったようだ。

子猫殺しはやっぱりやめようね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
猫と付き合い長いので・・。
今晩は、おひさです。
うちもずっと猫かっているので、この話題、この作家の論理はともかく、家族でのぼりました。
どのレベルでどう動物と付き合うかは、台湾ザルやぶっら苦バスの件でもややこしそうですね。雑木林の手入れが出来なくなって、いのししや熊が住宅地で出没する問題なんかも・・。
ちなみにイギリスでは、飼えなくなった愛犬は飼主の責任で毒殺するって岩波新書の何かで読んだことがあります。

そういえば子どもを多く作りたくないからパイプカッとする(動物に限らず)おっさんとかもいるし・・。
考えたらキリが、おまへん・・ような。
2006/08/26(土) 23:20:01 | URL | 建つ三介 #-[ 編集]
ペットを飼うということ
>考えたらキリが、おまへん・・ような。

ですから単純化して考えたわけですが。去勢は子猫殺しと同じぐらいおぞましいと僕は思うわけですが、だからと言って子猫を殺していいことにはならない、ということを言いたかったのです。

ですから環境問題とか生命倫理とかのほかの問題とは切り離して単純化したかったのです。

結局ペットを飼うこと自体が僕にとってはおぞましいことなのかもしれません。
2006/08/27(日) 20:57:07 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
やっぽり抗議が殺到するよね。こんなことを平然と書く人間も人間だけど、それを掲載した日経にも問題がある。避妊することと殺害することを同レベルで考えることは理解出来ない。生きている子猫をがけ下に落として殺すなんて言語道断。仏領タヒチ島在住の直木賞作家、坂東眞
2006/08/24(木) 21:26:13 | ひとりの独り言
直木賞作家「子猫殺し」女流作家のエッセイ、ネット上で騒然2006年8月18日付け日経新聞(夕刊)「プロムナード」に掲載された、直木賞作家・坂東眞砂子さんのエッセイが、ネット上を騒然とさせている。「私は子猫を殺し
2006/08/24(木) 21:37:51 | DANGER
livedoor ニュース:仰天!子猫を殺す女流作家と、それを載せる日経新聞livedoor ニュース:[シュレッダー]「子供を想定せず」なぜかこの全く異なる二つのニュースが脳内で合体する。膨大な数のジャンクメールを家庭用シュレッダーで処理するように坂東さんは子猫を家庭用ダ..
2006/08/25(金) 06:39:53 | 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
日経新聞夕刊に掲載されているコラム「プロムナード」で、8月18日付けの直木賞作家・坂東眞砂子さんが寄稿したエッセイがネット上を騒然とさせています。坂東眞砂子さんはエッセイの冒頭で「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている」とし、家の隣の崖の下
2006/08/25(金) 13:03:32 | Y's WebSite : Blog ~日々是好日~
作家坂東眞砂子氏の最近の猫のニュース、どう思われますか?(popoさん)ということで改めて坂東眞砂子氏のエッセーを読んでみた。ごくごく乱暴に要約すると、坂東氏は飼っている猫(メス)に特に避妊手術などを施していないので、交尾しては子猫を産む。坂東氏....
2006/08/26(土) 22:25:37 | 聞いた、見た、読んだ。
緊張ターボジェットによって、自分勝手な理屈で、何匹もの鼠やゴキブリや蜘蛛を殺し続けて来たことは、絶対に許されることじゃない。でも、その行為自体は、いくら異常に見えても、いつもあたしが言ってるように、ひとそれぞれの感性、ひとそれぞれの考え方によるものだから
2006/08/29(火) 00:46:45 | 非日乗的日乗inowe社長blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。