自閉症のドラマ
昨日からフジTV系で、「僕の歩く道」という自閉症のドラマが始まった。
主役の草なぎ剛がよく似合っていて、まあまあ面白そうだが、気になることがたくさんある。
そのひとつだけ書くが、最初のドラマの設定が

「この物語の主人公は、先天的な障害により、10歳児程度の知能までしか発達しなかった31歳の自閉症の男性です。」

となっている。これはどうなんだろう。僕は自閉症のことは結局よくわからないので、何も言う権利はないのだが、なんだか人間の能力や価値を一次元に解釈しているような気がしてならない。人間には様々な能力や価値の種類があるのに、何もかも「10歳児程度の知能」でくくれるはずがないし、自閉症と一口で言っても人によりその状況は様々だろう。
人間の能力や価値は多次元と解釈すべきだと思うが、そう解釈することによってはじめて、人はみんな様々な個性があるんだ、と思うことが可能なはずだ。そのためのドラマのはずなのに、最初からその個性を否定してしまっているような気がする。

もちろんそう設定することによって、ドラマ的盛り上がりを狙っているんだろうけど、僕としては視聴率稼ぎのために偏狭な差別を助長することは止めてもらいたいとどうしても思う。その差別をなくすためのドラマのはずなのだが。

僕はほかのことでもこのように世界を一次元的に解釈することが大嫌いである。世界が偏狭になるからだ。でもこういった一次元的オヤジや淑女がこの世に如何に多いことか。この世で僕を最もうんざりさせるのがこういう一次元的老若男女である。世の中にはたくさんたくさん面白いことがあるのにそれを全く見ようとしないんだから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック