健全なるお笑い
昨今、漫才ブームらしいが、中には面白いのがあってもストレス発散とまではなかなか行かない。博多華丸の物真似は少し面白かったが、それだけである。面白いね、で終わる。だがそれで終わらない、ストレス発散しまくりのコントというか漫談というか物真似というか、とにかくそういうお笑いを見つけた。健全なる批判精神は健全なるお笑いに宿るのだ、ということを思い知らされた。
「ザ・ニュースペーパー」というコント劇団らしいが、そういえば昔聞いたかな、という程度で詳しくは知らない(参照)。政治ネタが得意らしい。

出し物は、安倍首相の物真似で街頭演説形式である。

(ビデオ)

とにかく批判精神とギャグが一体となって炸裂する言語空間は病みつきになる。破壊力抜群だ。だが、首相夫人の中傷と首相本人の学歴への侮蔑は余計だった。ここら辺はあまり健全とは言えない。がこのマイナス面を差し引いても有り余るほどのプラスがある。

たとえばここから先はネタバレだが、こんな感じだ。(実際に聞いてもらわないと本当の面白さはわからないので、ここから先はビデオを見てから読んでください。かならず。)

偽安倍首相:「北朝鮮が核実験をしたのかしてないのかはっきりしてないというのがよくないと思うのでございます。その点私ははっきりしております。靖国に参拝するのかしないのか、言うつもりはない、とはっきりしております。」

偽安倍首相:「教育基本法、ほとんど変わっておりません。変わったとしましても大して変えません。ただちょっとだけ変えさせていただきます。これまで国民のための教育だったのを国のための教育、とちょっとだけ変えさしていただいただけでございます。ゆとり教育もちょっとだけ変えまして、言うとおり教育とするだけでございます。つまり国の言うとおり教育でございます。」

バットの真っ芯でボールを捉えた爽快感がある。
終盤、自分が安倍首相であることを忘れてしまい暴走をする。主に教育基本法に対する批判が炸裂する。これもかなりのスピード感で心地よい。そして最後こう締めくくる。

偽安倍首相:「わたくし安倍首相、甘いマスクとお世辞で言われながら、詰めが甘いと言われながら、愛妻を大切にし、愛国をもっと大切にしながら、これからも曖昧にがんばっていきますので、どうぞよろしくお願いします。」

爆笑、爆笑、拍手喝采である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No TB
hosomiさん。おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
2007/01/01(月) 12:45:44 | URL | ivanat #CRE.7pXc[ 編集]
謹賀新年
三介さんでしたね。ivanatさん、あけましておめでとうございます。
いつも読んでいただきありがとうございます。
今年もなんとかこのブログ続けていきたいと思っております。よろしくお願いします。
2007/01/02(火) 13:09:00 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック