スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
エピゴーネン
知らない言葉はいくつになってもいくらでも出てくる。読書量の絶対量が不足しているのだから仕方がないが。
恥ずかしながら「エピゴーネン」という言葉を生まれてはじめて知った。以下の文章からである。聞いたことはあったのだが、そのたびにスルーしていたのだろう。

一方で穂村弘はどうか。穂村は〈歴史〉とのつながりを切実に希求しながらそれを果たせないという歌人では、無論ない。短歌の歴史性を踏まえたうえで、自らの意志でそれを強引に断ち切っているのである。そして無重力的な空間を己の腕力のみで支え切っている。険しい道だが、その独自性こそが穂村と彼の多数のエピゴーネンたちを遠く隔てている。
西村旦「そこに〈歴史〉はあるのか」『未来』2006年1月号より


これを最初に読んだのは去年の1月である。その時「エピゴーネン」という言葉がわからずここの部分をスルーしていたようだ。今読み返してみてやっぱりわからないのでWikipediaで「エピゴーネン」を調べた。(参照)

エピゴーネン (ドイツ語:Epigonen) は、文学や芸術の分野などで、先人のスタイル等をそのまま流用・模倣して、オリジナル性に欠けた作品を制作する者を指す。「模倣者・亜流」等とも言う。


なるほど、合点がいく。特に穂村弘のエピゴーネンは多いだろう、と簡単に思える。じゃ、誰がそうなのか、は知らないが、いくらでもいそうな気は確かにする。簡単に真似できそうで絶対に誰にも真似できないというのが、この歌人の一番の特徴だろうか。以下、穂村弘の代表作。

体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ
サバンナの象のうんこよ聞いてくれだるいせつないこわいさみしい
終バスにふたりは眠る紫の〈降りますランプ〉に取り囲まれて
泣きじゃくりながらおまえが俺の金でぐるぐるまわすスロットマシン
目覚めたら息まっしろで、これはもう、ほんかくてきよ ほんかくてき
ハロー 夜。ハロー 静かな霜柱。ハロー カップヌードルの海老たち。


今までの短歌の歴史を考えると相当破壊的である。だが今までの短歌を知らずにこういったポップな韻律で短歌を書く無数の彼のエピゴーネンたちと、短歌の歴史を踏まえたうえでその歴史をたたっきってくるこの穂村とは、西村氏の言うとおり相当な隔たりがあるのだろう。
僕も似たようなことを最近書いている。(参照)

穂村弘も俵万智も口語短歌を押しすすめたが、それまでの短歌の遺産をことごとく口語短歌につなげたのは加藤治郎ではないだろうか。穂村はおそらくそれまでの短歌遺産と切り離したところで新しいエクリチュールを創出している。これはこれでまた大変なことだろう。


実に拙い文章で恥ずかしい。ブログとはいえ、まさに文字通り「拙文」である。「これはこれでまた大変なことだろう」なんてものではなく、はっきりすごいことなのだ。穂村が短歌の歴史と切り離してきた、というところは、この時僕の直感で書いたつもりだが、西村氏の文章が頭の端の方にひょっとしたらあったのだろうか。自分では定かではない。

「エピゴーネン」という言葉はまさに穂村弘のためにあるのでは、と思えてくる。彼ほど模倣するのが簡単そうで絶対に誰にも模倣できない歌人はいないだろう。このギャップが彼の最大の魅力だろうか。

西村氏も僕もかっこつけて外来語で「エピゴーネン」と言っているわけでは決してない。「模倣者」あるいは「亜流」と日本語で言えばいいのだろうけど、「エピゴーネン」の持つ独特のニュアンスは伝わらない。言葉はまず〈音〉である。それがたとえ外来語であれやはりその言葉の〈音〉はそのニュアンスを大きく左右するだろう。「エピゴーネン」の〈音〉に微妙なニュアンスが隠されているようだ。それはおそらく批判的なニュアンスだ。「なんかやらしいな」というニュアンスである。そういった批判的なニュアンスこそ批評の言葉として適しているのだろう。「模倣者」「亜流」ではそこまで批判的なニュアンスはない。関西弁の「真似し」がこれに少し近いだろうか。だが「真似し」では批評用語にはならない。

最近、自分の過去から現在の短歌を顧みる機会があった。顧みて特に2年程前のはひどいと思った。汗が出た。これでは加藤治郎のエピゴーネンではないか。というかエピゴーネンにもなってないかもしれない。そういったものはもちろん没にするが。最近のは少しましになったかなと思っているが、これも2年経ったらわからない。2年程経って初めて冷静に自分の短歌を客観視できるのだろうか。2年経ったら、自分の中ではまた誰かのエピゴーネンに堕しているのかもしれない。

以上「エピゴーネン」をはじめて使ってみました。まさか自分に使うとは思ってもみませんでしたが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。