エヴァンゲリオン第弐拾六話
中断していたエヴァの最後の2話をやっと見た。
一般聴衆を無視した庵野秀明のやり方に驚いたし、わけがわからないところも多かった。これから劇場版も見ないと納得がいかないが、第弐拾六話(最終話)での主人公シンジの葛藤には考えさせられた。

碇シンジ:僕は僕が嫌いだ。でも僕は僕でいたい。

誰だって自分は嫌いなのだ。でも自分は自分で在りたい、と痛切に願う。そのことに思い至らされた。そう願う限り、人は自ら命を絶つことはおそらくないだろう。たとえ自分をどんなに嫌いでも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック